トップページ買う・食べる

買う・食べる

珈琲の街

珈琲の街

 弘前における珈琲の歴史は、約150年前まで遡ります。
 当時幕府の命により北方警備のため、弘前藩士が蝦夷地(現・北海道)に赴き、その時浮腫病の予防薬として配給されたのが珈琲です。
 大正~昭和時代には、和装に白エプロンの女給が珈琲などを運ぶ「カフエー」が流行。現在も、東北最古の喫茶店を始め、弘前には歴史ある喫茶店が数多くあります。中には江戸時代に弘前藩士たちが薬として飲んでいた珈琲を再現した「藩士の珈琲」を提供している喫茶店もあり、弘前における珈琲の歴史を感じることができます。

【珈琲】情報一覧

17件中 1~10件を表示
17件中 1~10件を表示

PR広告


スマートフォン版はこちら

PR広告

弘前ふるさと宅配便 津軽のお弁当「津軽弁」 旅の友に津軽をおひとつ「わんつがる~ONE TSUGARU~」 ツアー JTB津軽会 公衆無線LAN(Wi-Fi)情報 日本風景街道 SNSアカウント一覧 バナー広告の募集
132