トップページ協会の活動

協会の活動

オール津軽ロケ映画「いとみち」

いとみち
2021年6月18日(金) 青森先行上映
6月25日(金) 全国公開

オール津軽ロケ!青森愛あふれる津軽弁ムービー



監督・脚本:横浜聡子
出 演:駒井蓮、豊川悦司
原 作:越谷オサム「いとみち」(新潮社刊)
製 作:「いとみち」製作委員会(アークエンタテインメント、晶和ホールディング、日誠不動産、RAB青森放送、東奥日報社、ドラゴンロケット)
配 給:アークエンタテインメント ©2021『いとみち』製作委員会

青森県・津軽が舞台

 人見知りで内気な津軽弁少女の青春を描く
 メイドカフェで見つけた本当の自分
 "わぁの三味線アホみてぇ"

 青森の鬼才・横浜聡子監督 待望の最新作
 ヒロインは新星・駒井蓮、父親役には豊川悦司
 原作・越谷オサム

いとみち




















 "いとみち"とは三味線を弾くときに指にできる糸道のこと。
 そこから名前の由来をもつ相馬いとは、青森県弘前の高校に通う高校生。
 祖母、今は亡き母から引き継ぎ、特技は津軽三味線だが、強い津軽弁訛りと人見知りのせいで、本当の自分は誰にも見せられず、友人もいない。
 そこで、思い切ってはじめたアルバイト先は、なんとメイドカフェ。
 少しあやしげな店長、先輩メイドたちのシングルマザーの幸子、漫画家を目指す智美、そして風変りな常連客たち。
 メイドカフェで働く娘を心配しつつ見守る父親も登場し、いとの成長を描く。
 メイド服で津軽三味線をかき鳴らすいとが、本当の自分を解放する時-、自分らしく、色鮮やかな人生を織りなしていく!

映画「いとみち」公式サイト

小説「いとみち」の舞台を訪ねる

いとみち
津軽を舞台にした小説「いとみち」

相馬いと。青森の高校に通う16 歳。
人見知りを直すため、思い切ってはじめたアルバイトは、なんとメイドカフェ。
津軽訛りのせいで挨拶も上手に言えず、ドジばかりのいとだったが、…

■著者/越谷オサム
■出版社/新潮社


弘前フィルムコミッションTOPへ戻る

PR広告


スマートフォン版はこちら

PR広告

弘前ふるさと宅配便 originacalendar ツアー JTB津軽会 SNSアカウント一覧 バナー広告の募集
132