トップページ 観る・歩く富田の清水(しつこ)

観る・歩く

富田の清水(しつこ)

サムネイル
富田の清水(しつこ)
貞享年間(17世紀末)初めて製紙法が導入した際に、紙漉きに適しているということで、熊谷吉兵衛らに使わせたのが始まりとされてます。昭和初期頃まで製紙が行われ、その後は生活用水として利用されます。
また、並んでいる水槽は一番目が飲料水、二番目が洗顔用、三番目が漬物洗い、四番目が洗濯のすすぎというようにそれぞれの水槽に使用のきまりがあったそうです。
昭和60年に国指定の「名水百選」に選ばれています。

住所 弘前市紙漉町5-2
お問い合わせ 0172-35-1111

PR広告


スマートフォン版はこちら

PR広告

土手町商店街免税店マップ りんご公園SHOP ツアー APC JTB津軽会 津軽三味線ライブあいや タムラファーム 弘前さくらものがたり Facebookページ バナー広告の募集
132