トップページ 観る・歩く長勝寺(禅林街)

観る・歩く

長勝寺(禅林街)

サムネイル
長勝寺
サムネイル
長勝寺
サムネイル
禅林街
山号は太平山で曹洞宗の津軽家最初の菩提寺で、日光東照宮と並び称される江戸時代初期の代表的な建造物です。
津軽家の先祖大浦光信の死後、その子盛信(大浦城主)が亡き父のため享禄元年(1528年)種里(現在の鯵ヶ沢町)に創建。慶長15年(1610年)二代信枚公が弘前城築城とともに現在地に移したとされています。
本堂左手奥の五棟霊廟は、御影堂より南へほぼ一直線に並び、いずれも東に面して玉垣で囲われ、正面に門を置いています。境内には鎌倉時代の梵鐘、歴代藩主や奥方の霊廟、蒼龍窟の五百羅漢、本堂、庫裡などいずれも素朴ながら広壮なたたずまいです。

住所 弘前市西茂森1-23-8
お問い合わせ 0172-32-0813

キーワード 津軽藩・菩薩寺・信枚・重要文化財・寺
交通 ・JR弘前駅より弘南バス川原平/田代/大秋/相馬線 約15分「茂森町」下車 徒歩10分。
・ためのぶ号(参考コース/津軽藩ねぷた村~市役所前(弘前公園)~茂森町(長勝寺)~りんご公園)※冬期運休
[開館時間] 9:00~16:00
休館日 4月~11月無休 12~3月休館
拝観料 大人¥300円

この記事の関連情報

PR広告


スマートフォン版はこちら

PR広告

土手町商店街免税店マップ りんご公園SHOP ツアー さくらバナー JTB津軽会 津軽三味線ライブあいや タムラファーム 弘前さくらものがたり Facebookページ バナー広告の募集
132