広域観光

堰神社

サムネイル
堰神社
江戸時代初めの慶長14年、浅瀬石川から幹線水路である藤崎堰に、用水を引き入れる水口の堰根を完成させるために、自らの命を犠牲にして「人柱」となった堰八太郎左右衛門安高の霊をまつる神社です。
文化後年(1808年)に建てられた堰神社嗣碑の他、樹齢400年以上の大銀杏、また、社殿には、太郎左右衛門が人柱になる場面を描いた絵馬があります。

住所 藤崎町藤崎字横松39

関連リンク 堰神社

PR広告


スマートフォン版はこちら

PR広告

弘前ふるさと宅配便 津軽のお弁当「津軽弁」 旅の友に津軽をおひとつ「わんつがる~ONE TSUGARU~」 ツアー JTB津軽会 公衆無線LAN(Wi-Fi)情報 日本風景街道 SNSアカウント一覧 バナー広告の募集
132