トップページ新着情報詳細

新着情報

【コンベンション情報】2019.12.18 更新

通訳ガイドをしてみたいと思っている方 募集!!

サムネイル
インバウンド研修

津軽まちあるき観光推進実行委員会では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会等で増加が予想される外国人観光客にまちあるきを楽しんでもらうために、まちあるきのインバウンド対応について研修を実施することとなりました。
今回の研修では、地域のガイドやプランナー、担当者のほか、これから通訳ガイドをしてみたいと思っている方も一般募集し、留学生を対象にしたまちあるき体験を通じてワークショップで「外国人観光客にまちあるきを楽しんでもらうために、何が必要か」を検証する内容となっております。

※参加をご希望される方は、下記のお問い合わせ先まで、お申し込みください。
 

≪まちあるきガイド・プランナー育成強化事業≫
 まちあるき外国人観光客受入環境検証

【日時・会場】
(第1回)令和2年1月11日(土)13:30~16:30
    ・集合場所:弘前市立観光館ロビー集合
    ・ガイド体験:弘前公園
    ・ワークショップ:弘前市文化センター2階 第1和室
(第2回)令和2年1月18日(土)13:30~16:30
    ・集合場所:大鰐町地域交流センター鰐come
    ・ガイド体験:大鰐町内
    ・ワークショップ:大鰐町中央公民館 研修室

【参加対象】
 まちあるきガイドやプランナー、各市町村の担当者、観光協会の職員
 これから通訳ガイドをしてみたいと思っている人(一般募集)

【参加費】
 無料(集合場所までの交通費は各自でご負担ください。)

【研修内容】
(第1回)1月11日(弘前会場)
 《第1部》弘前大学留学生によるまちあるき体験
  4グループに分かれ、グループ毎にガイドが翻訳機等を利用しながら、
  外国人観光客役(弘前大学留学生)をガイドし、
  通常コースの外国人対応が可能か検証します。
  ・弘前城2時間1本勝負 ×2グループ
  (ガイド:弘前観光ボランティアガイドの会)
  ・スマートグラスガイドツアー ×2グループ
  (ガイド:弘前市みどりの協会)
 《第2部》ガイド・留学生・参加者でワークショップ
  第1部の体験を基に、外国人観光客の興味、翻訳機等の有効性、
  ガイドの心構え等の視点から
  『外国人観光客にまちあるきを楽しんでもらうために何が必要か』
  をグループ毎に話し合い、発表していただきます。

(第2回)1月18日(大鰐会場)
 《第1部》弘前大学留学生によるまちあるき体験
  3~4グループに分かれ、グループ毎にガイドが翻訳機等を利用しながら、
  外国人観光客役(弘前大学留学生)をガイドし、
  通常コースの外国人対応が可能か検証します。
  ・いいでば大鰐!いで湯の郷の魅力発見まちあるき
  (ガイド:OH‼鰐 元気隊)
 《第2部》ガイド・留学生・参加者でワークショップ
  第1部の体験を基に、外国人観光客の興味、翻訳機等の有効性、
  ガイドの心構え等の視点から
  『外国人観光客にまちあるきを楽しんでもらうために何が必要か』
  をグループ毎に話し合い、発表していただきます。

<お問い合わせ先>
 津軽まちあるき観光推進実行委員会事務局
 (公社)弘前観光コンベンション協会内
 〒036-8588 弘前市下白銀町2-1
 TEL 0172-35-3131 / FAX 0172-35-3132
 MAIL info@machi-aruki.sakura.ne.jp


ダウンロード 参加申込書(PDF:66KB)

PR広告


スマートフォン版はこちら

PR広告

ツアー てぶら originacalendar ねぷた本 JTB津軽会 かじたん 長靴無料貸し出し ガイドひろさき2019 SNSアカウント一覧 バナー広告の募集
132